弁護士による内容証明郵便

内容証明郵便を弁護士名義で作成 池袋東口法律事務所

TEL. 03-5957-3650

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目47番1号 庚申ビルディング601

内容証明郵便(弁護士名義による通知)

内容証明郵便とは

内容証明の仕組み

 内容証明郵便は郵便の方法の一種ですが,文書の内容や発信日時を証明する効果があります。また,通常は配達証明で出しますので,相手方に届いたことや届いた日時も証明することができます
 普通郵便ではこれらのことは証明は難しいですので,重要な文書や法的に意味がある文書は,「そんな文書届いていない」とか「受け取っていない」とかいわれないためには,内容証明郵便で送ると安心です。

内容証明のメリット

・普通郵便での手紙よりも強い姿勢を示すことができる
・文書の内容や発信日時の証明力が高く,その内容の文書をその日に通知したことを裁判で証明できる
・控えが郵便局に保存されるので紛失しても大丈夫
・相手方が内相証明郵便の受け取りを拒んだとしても,法的には内容を伝えた扱いとなり得る
・その他内容証明の記載内容により時効中断などの法的効果がある

内容証明のデメリット

・内容が保存されるので,内容に注意しなければ,せっかく送ったものが逆に不利に働くことがある

弁護士による内容証明郵便

弁護士名義での内容証明郵便

 内容証明郵便はご自身でご自身名義の書面を作成し送付することもできます。
 しかし,弁護士名義による内容証明郵便は,ご依頼者様が弁護士に相談していることを示すのみならず,実際上の役割からいっても,法的手続の直前段階としての意味合いが強いものです。
 実際,内容証明を相手方が無視するなど誠意ある回答がない場合には,弁護士として次の法的アクションをご依頼者様とご相談していくのが通常です。
 弁護士は,その先の法的手続を考えて内容証明を出すわけです。弁護士による内容証明郵便は,相手方にこちらの本気度を伝える最良の方法といえます。

 例えば債権回収のための督促や,契約の解約,クーリングオフなど,証拠を残しておく必要性が高く,かつ,相手方の反対が予測される通知には,内容証明郵便を使うのがよいでしょう。

内容証明郵便ご依頼の流れ

 まず,弁護士法律相談をご予約下さい。弁護士が直接お話を伺います。
 一定の調査の上,内容証明によることが適切と考えられた場合,相手方に弁護士名による内容証明郵便を送付します。

 ただし,内容によってはお受けできないこともあります。(例えば,法的根拠がない請求や,不適切な内容と考えられる場合等。)

 なお,内容証明郵便の送付だけで解決できる問題ではない場合は,弁護士による交渉や裁判,仮差押え,強制執行などの法的手続が必要になります。その場合,別途ご相談・ご依頼いただく必要があります。

内容証明郵便の弁護士費用

 弁護士名による内容証明郵便の手数料は3万円以上8万円以下としています。
 (調査等が必要な場合は8万円に近くなります。多くの場合は3万円です。)


弁護士取り扱い業務に戻る

池袋 弁護士 法律事務所 相談

池袋 債務整理 借金相談
クーリングオフ

対応地域

池袋東口法律事務所

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1丁目47番1号 庚申ビルディング601

TEL 03-5957-3650
FAX 03-5957-3653
[受付時間] 平日9:30-20:00
      土 9:30-17:00
      メール常時受付